本文へ

CSR情報

  • 環境への取り組み
  • 地域活動
  • カイゼン活動

社内外を問わず、
様々な活動を行っています

  • 環境への取り組み

    琵琶湖と共生することを意識し、事業活動のあらゆる面で環境優先を配慮して行動しています。

  • 地域活動

    盛越川の清掃や、地元小学校による工場見学など、地域に密着した活動を行っています。

  • カイゼン活動

    提案制度、サークル活動等を通して、日々自己研鑚に励み、業務にフィードバックしています。

環境への取り組み

「安全・防災・環境保全」
の改善活動に
積極的に
取り組んでいます

ソーラの様子企業の社会的責任を認識し、自社から環境汚染は出さないよう「安全・防災・環境保全」の改善活動に積極的に取組んでいます。

  1. 廃棄物の減量化と、分別処理を推進し、環境汚染の防止に努める
  2. 省資源・省エネルギーに努め、環境負荷の低減をはかる
  3. 環境・地域社会への貢献企業市民として「ふるさと盛越川を愛する会」の地域の環境活動に参加し、地域社会と調和をはかる
  4. 環境啓発活動の推進

環境教育を通じ、環境方針を徹底させるとともに大切さを認識し、意識の向上をはかる。

環境保全の歩みと取り組み

平成13年2月26日、大津市と[環境保全協定書]を締結する。

(目的)
次の世代により良い環境を引き継いでいくために、大津市・市民・事業者がそれぞれの役割と責任を認識し、 快適で環境への負の少ない持続可能なまちづくりに自主的、主体的に行動するとともに協働して取組むことが求められている。

(活動の推進)
事業者は実施可能な範囲で自主的・主体的に環境保全に係る目標等を設けて、環境への負荷の低減、資源の循環及びエネルギーの効率化、 その他環境保全に係る活動を実施するものとする。

(環境管理体制の整備・充実)
環境保全活動を継続して推進するため、必要な組織を整備し、環境保全に関する方針及び目標を定め、 その実施状況を点検しなければならない。 また、環境管理体制はISO14001に沿ったマネージメントシステムの構築また、市の定める手引きに従う整備により行うものとする。

(報告)
環境保全活動の実施状況について取りまとめ、原則として毎年1回市に報告する。

環境保全協定締結事業所として大津市に環境保全活動実施状況の報告書を提出しています。

当社の指定する著しい環境側面

産業廃棄物の排出
  • 廃油の排出
  • 金属くずの排出
エネルギーの消費
  • 電力の使用
  • 都市ガスの使用
資源の使用
  • 電線の使用
  • コピー用紙の使用
  • 有機溶剤等の使用
職場・近隣環境の悪化
  • 騒音・振動・悪臭の発生
緊急事態の発生
  • 火災の発生
  • 油脂類の漏洩
影響を及ぼせる活動
  • 職場・近隣の環境維持活動
  • セロエミッション推進活動
  • 仕入先への環境管理指導活動

安全標語

2017年
入選 『気を抜くな!慣れた作業に落とし穴 手を出す前にまず確認』
『ハッとする小さな危険は身近に潜む 見つけて つぶして 安全職場』
佳作 『安全は人に頼るな任せるな!各自、ルール守ってゼロ災職場!!』
『初心忘れず 日々の作業 みんなでつくるゼロ災職場』
『自身の感覚より他者の視点 意外と見つかる危険箇所』
2016年
入選 『安全はみんなの意識の積み重ね みんなで目指そう0災職場』
『ヒヤリで済んだあの作業 教訓いかして安全対策』
佳作 『気をつけて、あせる心が事故を呼ぶ 習慣づけよう危険予知』
『忘れるな!誰もが持ってるヒヤリの体験 今日も生かして安全作業』
『ヒヤリハットも危険の内 意識の改善で安全職場』

地域活動

地域と共に生きる。

「粟津の晴嵐」と呼ばれたこの地において、活き活きと手を取り合って文化や琵琶湖を守りながら、あわせて少しでも多く「モノづくり」に興味を持ってもらえるよう、地域のみなさんとの活動に取り組んでいます。

地域活動の取り組み

晴嵐小学校の生徒さんを招いての工場見学

隣接するJR沿線地域の草刈り清掃

駐日英国大使・駐日大阪副総領事による工場ご視察

盛越川の清掃

カイゼン活動

カイゼンとは、
「あきらめない姿勢」

改善とは、「従来のやり方を、より良い方法・手段に変える」「小さな、小刻みに変更する」「アイデアだけでなく実施すること」。
私たちは、より効率的に、より安全になるよう、日々改善に取り組んでいます。

セル改善活動

QCサークル活動(品質管理の小集団活動)から発展、より早くできることを確実に実行していくために「セル改善活動」として日々、品質・安全環境・コスト低減などをテーマとして取り組んでいます。

社内改善事例発表会の様子

2018年
最優秀賞 『工程改善による作業時間の効率アップ』(JAM SKY T2)
優秀賞 『部品課各工程作業性効率UP』(BIWAKO)
『フライス・仕上げ・旋盤・字母・研磨・MCの生産性アップ』(モリモリ)
2017年
最優秀賞 『ゼロエミッションの推進』(オニオン)
優秀賞 『テントハウスの有効活用』(MUGEN)
『フライス・仕上げ・旋盤・字母・研磨の生産性アップ』(モリモリ)

品質標語

社員から寄せられた品質標語

2017年
入選 『品質づくりと人材づくり 足元かためてさらなる飛躍』
佳作 『確かめあって確かな品質 深めていこう信頼関係』
『思い込みこそ危険の罠 もう一度見直し確かなモノづくり』
『より良い品質 確かな技術 日々の努力で生まれる信頼』
『少しの変化もすぐ確認 ルールを正して品質向上』
2016年
入選 『ルールを守って正しい作業 品質保証の第一歩』
佳作 『品質は買う身になって造りこめ それがあなたの品質保証』
『品質は基本を守って確実に みんなで築く顧客の信頼』
『大丈夫? あなたが作ったその製品 “それ”はあなたの顔ですよ』
『見つけよう どんな小さな変化でも 日ごろの管理で守れる品質』

改善提案活動

毎月、個人別に職場でのカイゼンを提案・実施し、評価を受けることができる制度。累計ポイントや継続的な提出で年間表彰もあります。

平成28年度
総件数1,615件
延べ人数819人
コストダウン額2,493.3千円
工数低減時間572.84時間
平成27年度
総件数1,585件
延べ人数775人
コストダウン額6,647.5千円
工数低減時間1,069.6時間
平成26年度
総件数1,684件
延べ人数822人
コストダウン額10,167.3千円
工数低減時間2,130.2時間
平成25年度
総件数1,780件
延べ人数895人
コストダウン額10,973.8千円
工数低減時間1,793.3時間
平成24年度
総件数1,768件
延べ人数917人
コストダウン額4,749.2千円
工数低減時間890.9時間